2016年4月23日土曜日

咲くLOVE 第2弾

あっという間に、桜の見頃も終わり4月も後半です。
イベントの時しか、ブログをあげないと思っているそこのアナタ!
そんなことありません。どんどん書いちゃいます。
まだまだ咲くLOVEです♪

と、調子にのりました。すみません。
今日は少し思考を変えて、日常の様子と勝手な私情(笑)を書いてみようかと思います。


日中は、5~6名のヘルパーさんが、入浴や掃除のサービスに各々対応します。

 その日の体調や入居者様のこだわりに配慮してサービスを行います。
全体を把握するヘルパーさんは、合間を見て排泄介助を行ったり、居室まで様子を伺ったリ、昼食用のお茶やおしぼりの準備をしたりパタパタと手際よく・・・手際よく・・・いや、大変そうです(汗)
しかし、そんな中でも
「デイサービスのおむかえに来られましたー。」
「いってらっしゃーい。」
「○○さんのお部屋いってきまーす。」
「ついでやから私するわ。」
「ごめーん、ちょっと手伝ってー。」
「ありがとう!!」と、明るい声が飛び交います。
入居者様も「ヘルパーさんら元気やわぁ。」と笑いかけてくれます。


午後は、少しゆっくりする時間があれば、お散歩や喫茶タイム。



コーヒーでも飲みながら、お喋りしたり、脳トレや塗り絵を楽しまれます。
















時々、度肝を抜かれる名(迷)解答も!!
ちょっと一息もつかの間、ヘルパーさんは時計をチラリ、洗濯物を片したりとまたパタパタと動き出します。
食事前の声掛け、配膳、服薬の介助、口腔ケア、必要に応じて居室までの誘導とパタパタパタ・・・。
終業時間にもなれば思わず「疲れたーぁ。」と本音。
こちらが声を掛ける前に、労いの言葉が入居者様から掛けられます。
「お疲れさまー。ゆっくり休みよ。」
その言葉に「ありがとう。明日もよろしくお願いしまーす。」と笑顔でかえすヘルパーさん。


介護の仕事は大変です。
きつく、汚く、‘‘誰かの役に立てれば!!‘‘とキレイゴトばかりではできません。
なので、ヘルパーさんの入れ代わりも少なくありません。
指導するヘルパーさんも、業務を覚える新人ヘルパーさんも、その都度変わるヘルパーさんに介護を受ける入居者様も思うところは色々あると思います。
それでも、そんな中でも、今日も一日レストコート巽西で一緒に働いてくれる一人ひとりに感謝です。(たまに、おいっ!って思うこともありますが(-"-)笑)


先日、施設長が何の気まぐれか(笑)職員一人ひとりに、ありがとうの手紙をくれました。
もらった職員からは「え?なに??」と驚きながらも「ちょっと嬉しいかも♪」という声が。

良いことばかりではないですが、そんな一つひとつの出来事に私は今日も『頑張ろう』とやる気をもらっています。
まだまだ書き出せば長編小説一冊分くらいになりそうなんでこのへんで・・・。


レストコート林寺も4/1に開設し、おかげさまで7名のご入居と数名のご予約を頂いております。
両施設ともども、これからも宜しくお願い致します。










0 件のコメント:

コメントを投稿